食材の選び方と調理法の工夫で、低カロリーでも満足感のあるメニューをいろいろ取り入れています。

日々の健康は食生活からと考えているので、食材についてはいろいろと気を遣っています。

飲料水は軟水のミネラルウォーターを主に使い、おかずを作る時も活用するようにしています。

野菜や果物は宅配野菜を月に2度程利用していますが、みずみずしさが感じられ、おいしさがぎゅっと凝縮されているようで、ほとんど味付けをしなくても素材の旨みを感じられるものが多く、家族にも好評です。

子供が苦手な野菜などはジューサーでジュースにして朝食に出すことが多いのですが、ほぼ飲んでくれるので野菜摂取の対策としても効果を発揮しています。

肉や魚はできるだけ新鮮なうちに使い切るようにして、カロリーを意識して炒め物をした翌日は蒸し料理にするなどして、脂分やカロリーをカットするように組み合わせています。

マリネは日持ちするのでまとめて作る場合が多く、白身魚のマリネやスモークサーモンのマリネはさっぱりとして食べやすいメニューとして重宝しています。

牛肉や豚肉のしゃぶしゃぶもさっぱりと食べられるメニューですし、野菜に味がしっかり染み込むラタトゥイユは子供達の好物のメニューのひとつです。

油や調味料を多く使うと味が濃くなり素材の良さを活かせず、塩分など過多になってしまうので長い目で見たら身体に良くないと考えています。

そのため、食材をできるだけ良いものを選ぶようにして、ローカロリーでも食べ応えのあるメニューを活用して、家族の健康を維持していきたいと考えています。

食事

食事のときは子ども用のお茶碗で

ダイエットダイエットするには食事と運動の二本立てでするのが一番です。運動だけではなかなか体重は落ちませんし、食事を減らすだけだと筋肉も落ちてしまいます。

食事については淡水化物を減らすのが手っ取り早い方法です。しかし、まったく食べないとなるとお腹がすぐにすいてしまい、結果食べ過ぎることにつながってしまうので、減らすだけにしましょう。そのためには子供用の小さなお茶碗に買い替えて、少ししか食べないようにするのがコツです。肉や魚、野菜は減らすと体に悪いので、以前のまま食べます。最初に汁物や野菜料理を、次にタンパク質のおかずを食べ、ご飯は最後にします。しっかり食事を摂ってお腹を膨らませることで、間食しないようにするのです。

間食しない方法はもう一つあって、それは家に食べ物を置かないことです。買い物の際にはメモを持っていき、そこに書いていないものは買わないようにします。特に間食してしまいそうなお菓子類は買わないようにします。家になければ食べることもないわけなので。

運動のほうはジムに通う余裕のある人は別ですが、そうでなければ、歩くこと、家の掃除をすること、この二点でカロリーは消費できます。もう少し筋肉のついた体にしたいと思うときは、スクワットやヒップリフト(仰向けに寝て膝を立て、お尻を持ち上げる)などをしましょう。

全身脱毛で人気を集めているシースリー

シースリーは脱毛サロンのなかでもとくに安い価格で全身脱毛をしていくことができるということで人気を集めています。

シースリーでは月額7000円という低価格で施術が提供されています。

そのためにできるだけ安く全身脱毛をしていきたいという方から多くの支持を集めるようになっています。

シースリーただ単に安いというだけではなく、最先端の脱毛技術によって、非常に肌に負担の少ない施術を行なっています。

そのためにできるだけ肌への負担を抑えて脱毛をしていきたい女性たちからも人気が高いです。

全身脱毛というと、両わきやVラインなどの効果が出にくい部位というものもあります。

しかしそういった部位でもシースリーでは高い効果を実感していくことができるということで注目されています。

また、シースリーはいまではかなり多くの店舗を持つようになっています。

とくに駅からのアクセスもよい店舗が多いです。

全身脱毛は長期にわたって何回も同じ店舗に通うことになります。

ですからこういった訪問のしやすさというのは大事なポイントになってきます。

また、シースリーはスタッフの質もとても高いということで口コミでも評判です。

スタッフの接客、そして技術の両面において質が高いです。

なので気持ちよく毎回の施術に通っていくことができます。

サロンの雰囲気もいいので、初心者の方でも通いやすいです。

脱毛